2005年12月28日

大根のきもち

マラソンのときに痛めた足がいまだに痛いときがあって
やっと病院へ。
そしたらMRI検査をするとのこと。

そうそう!テレビでよくみるあの輪切り写真!

輪切り初体験で妙にわくわくかわいい

MRIって強い磁気がかかるから金属性のものは身につけちゃいけないんだって。
あれ??
わたしちっちゃいときに確か5円玉飲みこんで
それ体から出たんだっけ〜??
ちょっとだけ不安になりつつ。

MRI室に入ったらちょっとびっくり。
間接照明だし、
某雑貨屋さんみたいな、シャバダバーるんるんみたいなおしゃれな音楽がかかってて。
きっとMRIは閉鎖空間だから少しでもリラックスさせるためなのね。

MRIのトンネルの中で
いかにも輪切りにされてるような機械音を聞きつつ
20分間動いちゃいけない。
写真がブレるからね。
でもこんなせまい中で20分動かないって
こんなにつらいとは。
入るときにちょっときつい体勢で入っちゃったのがまずかった...。
筋トレになったかも、ぐらいな。

こんなときに
体のどっかがすっごいかゆくて
どうしようもなくなったら大変だなあ
なんてことを思いながら
かゆくはなんなかったけど

睡魔が...

ちょっと無理な体勢だから寝たら絶対うごいちゃうし
かといって動かないでじっとしてるとどんどん眠たくなってしまうし

うううううー
なんというジレンマ!!

このジレンマと必死で戦って
戦う気力を失いかけたころに終了。

ふー
もう当分いいやー

輪切り写真は来年までおあずけ。
しっかし検査って...高いなあ...有料


やっと明日からふゆやすみ!ビバ!!


posted by harumi26 at 23:21| ☁| Comment(0) | live[いきる] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

おくればせながら

無事に22歳になりました。

25日の23時すぎ、
「12時まで30分ぐらいだけ寝よう」
    ↓
  ピーンポーン
    ↓
「はっ12時じゃん!」
    ↓
寝ぼけすぎでインターフォンの人のテンションに乗れない
    ↓
寝ぼけたまま飲む飲む

という突撃でした。
去年もそうでした。

寒い夜にわざわざ来てくれてとってもうれしかったですぴかぴか(新しい)


誕生日についてないことがあると余計にへこみませんか??

チャリのカギが開かなくてむりやりがちゃがちゃしてたら
カギ折れました。
深夜1時に走って帰るハメになりました。

でも走るとあったかいいい気分(温泉)
posted by harumi26 at 08:57| ☁| Comment(0) | live[いきる] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

なすとトマトの煮込みハンバーグごはんとごまたま黒蜜きな粉のパフェ

あーもう
不安だらけで
情報ばかりが氾濫で
頭んなか、ぐるぐるぐるの洗濯機。
わかんないことだらけで、
なにがわかんないのかもわかんないくらい。

そんな去年のわたしをみているような気分になりながら
一緒にごはんをたべました。

いろいろおしゃべりしたけど
ぜーんぜんあてにならないかもしれない。
人それぞれっていうむずかしさ。

わたしだって、就活成功したかなんてわかんない。
まだ会社の一員ではないんだし
働いてもいないんだし。

でも思いかえしてみると
企業の人や他の学生と満足な話ができたとき。
東京のいろんなところを散歩したとき。
おもしろそうって心惹かれる感覚があったとき。
楽しかったことのほうが先にうかんでくる。
そういう意味では成功なのかな??

就活をたのしんで
それが実り多きものになりますように。
それを願うばかりです。



posted by harumi26 at 00:58| ☀| Comment(2) | live[いきる] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

1226中継所

箱根駅伝がすきです。
お正月のたのしみのひとつです。

走っている選手ひとりひとりのうしろに
たくさんの人のいろんな思いが見えるような気がして
(たぶんテレビの中継とか演出の効果もある気がする。さすがねかわいいちゃん!)
ついついくぎづけ。

たすきをつなぐ瞬間、
そこがやっぱり一番見入っちゃう。
言葉はないけど
「あとは頼んだ!」
「まかせろ!!」
みたいな気持ちのやりとりと

たすきを受け取って走っていくランナーの
不安、緊張、期待、決意、どきどき、わくわく、
が入りまじるような表情がなんともいえず。


わたしもね、そろそろ次のランナーがみえてきて
たすき、受け取ったときよりまた重くなったけど
それを肩にかけて走るだけの体力もついたはずと
自分にいいきかせてみる。

次の区間はどんなコースかわかんない。
上り坂かも、下り坂かも、
風の強い海沿いかも、声援の多い街中かも、

でも次のランナーがたすきを受け取ったときには
きっと
不安、緊張、期待、決意、どきどき、わくわく、
が入りまじる表情で走っていくのでしょう。

この区間がもうそろそろ終わりそうな今は
なぜだか感慨深い、

中継所がもうすぐ


第21走者のわたしから、第22走者のわたしへの。
posted by harumi26 at 02:34| ☀| Comment(2) | talk to myself[ひとりごと] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

ナサケナイワタシ

横断歩道でこけた。
こけるってなぜかとってもへこむ。
信号待ちしてた車のドライバーは
きっとびっくりしたでしょう。

北風がつよい。
なんだかナサケナイ。

しかもこけて足つった。
昨日のオープンのテニスのせいでしょうか。
ひさしぶりの試合はたのしかったです。
ナサケナイプレーばっかりでしたが。
posted by harumi26 at 18:10| ☀| Comment(2) | live[いきる] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

せいせいせーい

うー
自分ちのパソコンでネットサーフィンがひさしぶり。
きっと優先順位がひくいんだなー。

秋旅行!
とにかくたのしかったかわいい
というか、なんにも気をつかわずにらくちんに楽しんだ気がします。
いちおう企画者だったのですが
ぜんぜんがんばった気がしません。

いつもは気づかないんだけれど
3年以上同じ代でいろんな楽しいことや大変なことを
経験してきてその中で築かれていった何かのおかげで
今回こんな楽で楽しい時間がすごせたんじゃないかと思うのです。

企画者打ち上げもしましたよー!
みんながくれたシュトーレン(ドイツのパン)とシャンパンの組み合わせが最高でした。
みんながくれた『筑波』(日本酒)は最強でした。
...やられたー...


研究室のあいまに最近してること。
手帳に目標やしたいことを書くこと。
全然たいしたことじゃないことばっかりですが。
“コンタクトの洗浄液を買う”とか
“はやく寝る”とか
“ネットは時間を決めてやる”とかね。

ウイークリーの手帳なので
目標は毎週更新されるし
思いついたら書いてくから増えてくけど
“遅い時間の食べすぎに注意する”
は毎週書かれてる...

自分の目標を目にする機会が多いと達成しやすいっていうこと
ほんとだと信じてます。
posted by harumi26 at 23:21| ☀| Comment(0) | live[いきる] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

冬はスタバ。

クリスマスシーズンのスタバがすきです。

ふつうのカフェもよいんだけどね。
どこいってもある程度はずれないし
値段も雰囲気もわかるっていう安心感とか
いい意味でほっとかれるとことか
ふらっと気楽に入れちゃうとことかがすきです。

で、特にクリスマス前は
計算されたアメリカンなクリスマスの雰囲気とか
クランベリーやターキーやジンジャーをつかったメニューがあったりとか
なんだか“正当に”クリスマスにひたってる気分になれるとこがいいなっておもう。
特別な赤い紙コップもすきです。

キュートのスタバはちょっと人の流れが多いけど
席の間がわりとあいてて
子供からお年寄りまで、いろんな年齢層がいるのがいい。
おっきな買い物袋を持ってるひとたちを見るのはなんだかたのしいなあ。

今日みたいなさむい日に
あースタバ行きたいなー
って恋しくなって
あったかいカップで両手をあっためながら
ひとくちずつ飲んで、そのたびの
からだにじわーってしみてく感じが、“いとをかし”。
(こういうときに“いとをかし”って言葉はすごくぴったりだとおもう)
あと、ちょうどラテとホイップのまざったところが飲めたときってちょっとうれしい。


あーそういえば
さむい日のスタバみたいなひとっていいなー
っておもったことがある。
posted by harumi26 at 16:33| ☁| Comment(0) | love[おきにいり] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。